1. HOME
  2. 糖質のイロハ人が太る原因は脂肪ではなく糖質って本当?!

人が太る原因は脂肪ではなく糖質って本当?!

人が太る原因は脂肪ではなく糖質って本当?!

解明!人が太る原因は「糖」にあり?

今までダイエット番組や広告などでも、さんざん「お肉は太る」「脂っこい物はだめ」といったように肉類や脂に対してネガティブなイメージが植え付けられてきました。肉類、油はダイエットにおいて大敵!肉は体を太らせるものだ!というのは、実は誤った認識であると最近の研究により分かってきました。

実は体を太らせる原因は油ではなく「糖」によるものではないかと考えられています。ケーキやパンなどの甘いものや砂糖に対しての「糖」だけではなく、炭水化物などに含まれている「糖質」自体すべてのことを指します。極端な例で例えると、ご飯やパンなど炭水化物を一切取らず、お肉や脂肪メインの食事だけで体重を増やそうとするとどうでしょうか。おそらく一般的に食べられるだけの量を食べ続けたとしても、それほど体重を増やすことは出来ません。そこに「糖」がなければ、体を太らせることは難しいのです。

血糖値の上昇は糖尿病だけでなく、体を太らせる

お米やうどんなどの炭水化物には糖質が含まれています。食事の際、それらを口にすることで血糖値が上昇していくのですが、それを下げるためにあるホルモンが膵臓から分泌されます。それはインスリンと呼ばれるもので、このインスリンによって血糖値が下げられます。ここまでは通常通りの働きですが、余分な糖を摂取した際はここから、そのインスリンが今度は脂肪を溜め込む方へ働いてしまいます。つまり糖を摂り過ぎてしまうとその分糖を脂肪へと変化させてしまうのです。

これが見た目に太ったとわかるような脂肪のつき方をすることもあれば、内蔵など見えない部分に脂肪がついてしまうこともあります。痩せの体型であるにもかかわらず脂肪が多い、中性脂肪の数値が高いという方は炭水化物など糖質を多く含む食事をとりすぎている可能性が高いです。もちろん体を太らせるだけでなく、糖の摂り過ぎは糖尿病のリスクを高めることにも繋がります。糖は単純に太りやすくなるだけでなく重大な病気の引き金にもなりかねないのです。

糖質制限は厳しくしない、甘めに設定すること

糖尿病の方やダイエットのためにと近頃流行っている「糖質制限ダイエット」は、炭水化物などの糖によって太ってしまった場合は非常におすすめの方法です。カロリー制限はしたけれど全く痩せられなかった、という方もこの糖質制限で面白いぐらい痩せるというのは結構よくある話です。

しかし注意しなければならないのが、この糖質制限は決して厳しい制限にしないことです。お米もパンも何もかも、糖質を含むものは一切口にしないというのは健康のためにもあまりおすすめできません。糖はエネルギー源として体にとって必要となるため、全く摂らないとなると健康に影響が出てしまいかねません。あくまでも減らす、少なくする、という範囲に留めておくのがリバウンドを防ぐ意味でも安心です。

例えばごはんは一回100グラムまでにするとか、ラーメンを食べた時さらにチャーハンを頼むなどといった炭水化物を過剰に摂りすぎることがないようにするとか、こういった心がけだけでも十分変わってきます。また適度な糖質制限に、糖の吸収をブロックしてくれる効果を持つダイエット系サプリなどを一緒に飲めば更に成功しやすくなります。

脂肪だけにとらわれない、糖質だけにとらわれない

いくら体を太らせる大きな原因が糖質であったとしても、脂肪も極端に取りすぎれば太る原因となってしまいます。糖を摂りすぎないようにするのも大事ですが、必要な分のカロリーを越えないように考えて食べることも大切です。偏りすぎることなくバランスよく、を心がけてダイエットにも活かしていきましょう。正しい知識をもっていればダイエットも成功しやすくなります。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2018 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.