1. HOME
  2. 糖質のイロハ塩分過多に要注意!糖質制限ダイエットのレシピで陥りやすい失敗

塩分過多に要注意!糖質制限ダイエットのレシピで陥りやすい失敗

塩分過多に要注意!糖質制限ダイエットのレシピで陥りやすい失敗

糖質制限ダイエットの罠!?塩分の摂り過ぎに注意を!

糖質制限ダイエットを行っている方の中で、たまに塩分過多になってしまう方がいらっしゃいます。これは、ごはんやパンなどの主食をカットする、あるいは減らすことで満腹感が得られず、これまでよりもおかずの量が増えてしまうなどが主な原因です。

せっかく糖質を制限してダイエットを成功させることができても、塩分を摂り過ぎてしまっていたのではまた別の病気になってしまうことも考えられます。糖質制限ダイエットの際には、糖質だけでなく塩分にもしっかり気を遣っておくようにしましょう。

どのくらいまでなら塩分を摂っても良いの?

厚生労働省が発表している1日の塩分摂取目安量は、成人の男性の場合で8g未満、女性の場合は7g未満とされています。塩の場合は小さじ1杯が約5gになりますので、調理の際にはそれを目安に塩分過多にならないよう気をつけてください。使われている塩分の量がわかれば、必然的に食べてもよい量も判断できますので、上手にコントロールすることが大切です。

ただし、塩分を含む調味料はなにも塩だけではありません。しょうゆや味噌などにも当然塩分は含まれています。代表的な調味料の小さじ1杯あたりに含まれる塩分を紹介しますと、しょうゆは約1g、ウスターソースが約0.5g、味噌が約0.3gです。調理や食事の際にはこれらもしっかり考慮しておくようにしてください。

実際にしっかり塩分の量を計って調理をしていると、おそらくほとんどの方が塩分の摂り過ぎであったことに気付かれると思います。健康のためにも塩分をしっかりコントロールしましょう。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2018 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.