1. HOME
  2. 糖質のイロハ糖質制限中でもフルーツが食べたい!糖質が多い果物・少ない果物

糖質制限中でもフルーツが食べたい!糖質が多い果物・少ない果物

糖質制限中でもフルーツが食べたい!糖質が多い果物・少ない果物

糖質制限中にフルーツが食べたくなってしまったら

糖質制限ダイエットではごはんやパン、麺類などの炭水化物による糖質摂取をカットするのが基本です。ただ、糖質を制限しているとやはりそのうち甘いものを食べたくなってくるのが人間の体です。さすがにケーキやチョコレートなどのスイーツには抵抗があっても、フルーツくらいなら大丈夫だろうと誘惑に負けてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかしそれは大きな間違いです。フルーツには非常にたくさんの糖質を含むものも多くありますので、下手をするとこれまでの糖質制限による苦労が台無しになってしまうかもしれません。その代わり、フルーツによっては糖質が少なく、食べ過ぎさえしなければ大丈夫なものもあります。糖質の少ないフルーツ、糖質の多いフルーツをきちんと把握して、失敗しない食べ方をするようにしましょう。

糖質を多く含んでいるフルーツはこれ!

まず最初に糖質を多く含んでいるフルーツを紹介していきましょう。数あるフルーツの中でも、トップクラスに糖質が高いのはバナナです。1本あたりの糖質は約21gもあり、バナナ1本を食べてしまうだけで糖質制限ダイエットが台無しになってしまうと言っても過言ではありません。

少し前にはバナナダイエットなども流行したことがありますので、バナナは大丈夫だろうと誤解してしまう方も多いのですが、そもそものダイエット理論がまったく異なっていることを理解しておきましょう。糖質制限ダイエットにおいてバナナは大敵です。実はバナナの糖質は、ホットケーキやシュークリームと同等あるいは上回るほどの糖質を含んでいます。

バナナの他にも糖質の多いフルーツはたくさんあります。あまり口にする機会はないかもしれませんが、ドリアンはバナナを上回る約25gもの糖質を含んでいますし、昔はよく食べられていたアケビなども20g以上の糖質があります。さらにみなさんにも馴染みの深いマンゴーやライチ、ぶどうなどは約15g、さくらんぼは約14g、リンゴが約13gと続きます。いちじくやパイナップル、キウイ、みかん、梨なども糖質の多いフルーツです。

いかにも糖質をたくさん含んでいそうな甘いフルーツだけではなく、みかんやライチなどの一見それほど糖質を含んでいなさそうなものもありますので気をつけてください。

糖質の少ないフルーツは何があるの?

それでは続いて糖質の少ないフルーツを紹介していきます。もっとも糖質が少ないとされているのはグアバで、100gあたり約4.8gほどしか含まれていません。あまり日常的に口にする方はいらっしゃらないかもしれませんが、高級フルーツ店等に行くと販売されています。気をつけたいのはジュースです。グアバジュースは比較的いろんなところで見かけますが、たっぷり砂糖が含まれていますので口にしてはいけません。

次に糖質が少ないのはラズベリーです。100gあたりの糖質は約5.5gとなっています。お菓子などにもよく使われるフルーツですので、こちらは馴染みのある方も多いのではないでしょうか。さらに、あんずも100gあたり約6.9gと低糖質のフルーツです。続いて登場するのがみなさんもおそらく大好きな方が多いであろうイチゴです。イチゴは100gあたり約7.1gの糖質量となっています。このあたりにくると1位のグアバと比較した場合、少し糖質が多いように感じてしまいますが、それでもバナナと比較すれば約3分の1しかありません。

この他、パパイヤや夏みかん、桃、スイカ、オレンジ、ブルーベリーなども低糖質で、100gあたり10g未満の糖質量となっています。もちろんどのフルーツでも、食べ過ぎてしまっては低糖質の意味がないことは言うまでもありません。低糖質とはいってもどれもそれなりに糖質を含んでいますので、食べる場合は最低限に留めておくようにしましょう。

糖質制限中でも工夫すれば大丈夫

糖質制限はどうしても慣れないうちは「あれは食べてもいい?これは?」と何かと不安な気持ちになるものです。糖質制限は上手に行わなければ失敗してしまうこともありますので、多少神経質になってしまうこともあるでしょう。しかし正しい知識をもって取り組めばそれほど恐れる必要はありません。

糖質制限は体のために自然と行っていけばいいので、さまざまな工夫をプラスしながらやっていけば無理をすることなくできます。たとえばフルーツの食べ方もただそのまま食べるのではなく、ちょっとした工夫を加えることでより満足感を得ることができます。

ヨーグルトと一緒に食べると腹持ちもよくなる

たとえば、糖質制限中は慣れないうちはとくに、食べられるものが少なくなりがちです。そうなると空腹感を感じることも多くなるため、常にお腹が空いた状態になる方もいるでしょう。それを回避するために役立ってくれるのがフルーツです。しかしそのまま食べる以外にも工夫の仕方はたくさんあります。

たとえばお腹をスッキリさせてくれるなど、ダイエットや健康においてもおすすめのヨーグルト。このヨーグルトとフルーツを混ぜ合わせて食べることでより満足感を得られるのではないでしょうか。食べる際はできるだけお砂糖を加えず、フルーツの甘味だけにしておきましょう。

寒天ゼリーにしてみるのもおすすめ

さらにお腹を満足させる方法としておすすめしたいのがフルーツ寒天です。寒天はすぐに溶かして固めることができるうえ、食物繊維をたっぷり含んでいるのでダイエット中には是非活用していきたい食材の一つです。お好みの、糖質の少ないフルーツを加えて冷やし固めるだけ。

製氷機のような容器にひとつずつフルーツと寒天を注いでいくと、コンパクトに食べやすくなるのでオススメです。食べる際は一緒に飲み物を飲むこと。ゆっくり噛んで食べることでお腹が自然と膨れていくのを感じられるので、是非試してみてください。

ただそのまま果物を食べるのではなく、こういった身近な食材と組み合わせることでひとつのデザートにもなります。難しいことをやる必要はありません、自分が出来る範囲でやっていきましょう。糖質制限ダイエットはとにかく慣れていくことが大切です。食べられないものばかりを数えるのは今すぐやめませんか?糖質制限でも食べられるものはたくさんあります。効率よく進めていくためにも是非実践してみてください。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2018 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.