1. HOME
  2. 糖質のイロハ動悸など糖質制限中の不調の原因は?カロリー不足に気を付けよう

動悸など糖質制限中の不調の原因は?カロリー不足に気を付けよう

動悸を感じる女性

糖質制限は結果が出やすいけれど、注意が必要です

普段炭水化物が大好きでよく食べている、という方におすすめなダイエット法としても有名なのが糖質制限ダイエットです。その名の通り、糖をできるだけ控えた食生活にして痩せを目指すのですが、実はもともと糖尿病患者の方が行う食事療法として始まったもです。そのため基本的には体の健康を維持しながら行える方法ですが、きちんと指導されていない方が思い込みのみでやってしまうと様々な症状を訴える可能性があります。

炭水化物など糖質を減らすことで、非常に結果を出しやすいダイエット法ですが注意しながら進めていかなければなりません。ではどのようなことに気をつけてやっていけばいいのか、注意点などをあげてみましょう。是非正しいダイエットをして、健康に痩せるようにしてください。

糖質制限中に陥る「カロリー不足」が動悸の原因になることも

糖質制限していると、人によって様々な変化が感じられることが多いようです。たとえばお腹の調子が悪くなる。下痢や便秘などに悩まされるというのは糖質制限中によくある症状です。今までの食事とは全く違うスタイルになるわけですから、腸内のバランスが大きく変化しているため起こるものです。1ヶ月ほどでだいたい落ち着くと言われていますので、お腹に優しいものを食べながら様子を見てみましょう。長く回復しない場合は一旦中断して診察を受けるようにしてください。

他にも立ちくらみを感じることもあるようです。女性の場合は貧血などの可能性もあるため、まずはそちらにも注意してみましょう。あと考えられる原因としてはエネルギー不足のおそれがあります。カロリーは十分ですが、糖質の量が中途半端なため不足しがちになり、エネルギーも足りなくなる場合があります。

さらに頭がぼーっとするなどの症状を訴えることもあります。糖質制限の食事では基本的に起こらないことなのですが、ダイエットを意識するあまり低カロリーすぎる食事に偏っている可能性があります。ダイエット中でも必要な栄養はしっかりととらなければなりません。脂質やたんぱく質などをメインに、きちんと栄養をとるようにしましょう。

また、このカロリー不足が原因となって動悸が起こることもあります。自分でどの程度カロリーを摂取したらいいのか分からない、どういう食事がどのくらいカロリーがあるのか分からない、独各で糖質制限を行うとこういった疑問がわいてくることがあります。そういった場合はまずは信頼出来る医師に相談したり、糖質の量が分かる本などを購入して調べてみるといいでしょう。折角健康のために行っているダイエットが、不調の原因となってしまうのはできるだけ避けたいものです。

意外とカロリー不足に陥ることは多いのです

糖質制限は基本的にカロリーなどを気にせず、糖質のみに気をつけて行うダイエットです。そのため自分では「結構食べている」と思っている方も多く、カロリーが不足している可能性をほとんど考えません。しかし意外とカロリーが不足しがちなので、もし動悸などの症状が出た場合はしっかりカロリーを摂取するようにしましょう。

その微妙なコントロールがなかなか難しく感じられるかもしれませんが、無理に食べるようにするというよりも、できるだけカロリーが高そうなものを選ぶようにするだけでも変わってきます。合間にすこし間食を入れてみるだけでもカロリーは増やすことができるので、自分のできることでカロリーを摂取量を増やしていきましょう。糖質制限は結果を残しやすいダイエットです。だからこそ、体に負担をかけず健康に痩せる努力が必要になります。何か気になることがあったらまずはそこを治す、正しい方法で行いましょう。

糖質制限のメリット・デメリット

糖質を制限することが身体にとってメリットをもたらすことは多い、というのは全ての方にとって当てはまることではありません。人それぞれに体質があるように、合う合わないというのはどうしてもあるものなのです。ですから糖質制限をすることが全ての悩みを解消してくれるかどうか、というのをすぐに判断してしまうことはあまりおすすめできません。

例えばですが普段からあまり炭水化物を多く取らない方が糖質制限を行うとどうなるでしょうか。多くの場合はエネルギーが不足してしまい、先ほどからも言っているように動悸であったりだるさを感じてしまったりと正常に身体を動かすことが難しくなる場合があります。こういった点からも糖質制限を行うのは「普段から炭水化物を多く摂取している場合」や「甘いものをよく食べる習慣がある」という方がやるべき方法であるといえます。

もちろんこれらの方にとっても全て合うとは言い切れませんので、まずは期間を決めてやってみること。そこで判断してからでも遅くはありません。糖質というのは本来正常な範囲で摂取することで人間の体の健康を維持することが出来ます。多すぎてもいけない、また少なすぎることもよくないのです。

サプリメントを上手に使ってみる

こういったことからも糖質をカットしてくれるサプリメントを活用するのがおすすめであるといえます。まずは普段の食事をとっている状態でサプリメントを飲んでみる。そこであまり大きな変化を感じられない場合は普段の食事量を減らしてみるなどして様子を見てみましょう。

いきなりすべてをやめてしまうのではなく、段階的に減らしていくことでその効果を実感しやすくなります。身体にかかる負担も軽減されますので、自分の身体とよく相談しながら活用していくといいでしょう。上手にできれば楽にダイエットを成功させることが出来るので、可能な範囲で実践してみることをおすすめします。

糖質制限は実際に糖尿病患者の方々も取り入れるものであり、一般的に健康な状態である方がむやみやたらにやるべきものではありません。肥満であったり身体にだるさを感じているなど、確かな症状を感じている方におすすめできる方法です。現在そういった悩みがないにも関わらずやってみる、というのは体調不良のもとをつくってしまうだけ。自分の身体が本当に糖質制限が必要なのかどうか、きちんと見極めてからやってみるのをおすすめします。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2020 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.