1. HOME
  2. 糖質のイロハ糖質制限ダイエットと炭水化物抜きはどんな違いがあるの?

糖質制限ダイエットと炭水化物抜きはどんな違いがあるの?

炊き立てのご飯

ちょっとした微妙な違い?「糖質制限」と「炭水化物抜き」

糖質制限ダイエットが注目されるようになっていますが、この糖質制限の基本的な方法としてあげられることが「食事において主食を制限する」ということです。つまりお米やパン、パスタやうどんなどの麺類を控える方法で、これらに含まれている糖質の摂取を抑えることが条件です。目的としては、この糖質の制限を行うことで血糖値の急上昇を防ぎ、肥満の原因をもとから断つということがあげられます。

しかしもう一方の炭水化物抜き、こちらはまた糖質制限とは少し異なる手法です。糖質制限はその名からもわかるように、糖質のみにアプローチすることが目的とされていますが、炭水化物とはそのもの全て、つまり炭水化物を一切制限するという方法です。この流れでも分かるように、糖質制限に比べて炭水化物抜きの方が難易度が高いと考えられます。
実際にダイエットをするとなると、いったいどちらの方法がより効率的に痩せられる方法なのでしょうか。

炭水化物を抜くということは体にも危険?

実は炭水化物というものは「食物繊維+糖質」これらすべてを含めて炭水化物と呼びます。糖質制限の場合は、この炭水化物のなかの糖質のみを制限するので、食物繊維は摂取してもOKということです。つまりこの炭水化物抜きダイエットを行うことは、食物繊維の摂取も禁止というわけです。

しかし考えてみれば分かることですが、食物繊維が不足するということはダイエットや美容の大敵となる「便秘」の原因になることが考えられます。つまり老廃物など、体に不要なものを外に排出しようにも、食物繊維が不足してうまく便が作られていない体がしっかり排便出来るかというと、実際難しいと考えられます。つまり現実問題として、炭水化物を抜くということは体にとってあまりいいことではないということです。

この炭水化物抜きダイエットも、目的としては「糖質の摂取を抑えて、脂肪の蓄積をブロックする」ということがあげられます。つまりは、糖質制限と目的が同じというわけですから、呼び方に微妙な違いがあるだけで向かっている場所は同じだと考えられます。

日本人はとにかく食物繊維が不足している

便秘の悩みを抱えている方の多くは成人女性ですが、男性や小さなお子さんでも最近は便秘に悩まされている方が多いようです。その原因の一つとして考えられていることが、先ほども述べたような「食物繊維不足」です。食事が欧米化してきたということはよく指摘されていますが、日本で好まれるラーメンやパスタ、お好み焼きなどと言った小麦粉を使った料理が多く、どうしても食物繊維の摂取が二の次になってしまう傾向があります。

糖質について、一日の摂取目安量は様々な基準が挙げられていますが、殆どの方は摂取量をクリアできているようです。ところが食物繊維は全くの不足状態。このままもし炭水化物抜きダイエットを行ってみればどうなるでしょうか。痩せる痩せないの前に、食物繊維不足で便秘に悩まされる可能性大です。ですから制限するのであれば食物繊維をのぞいた、糖質制限ダイエットがおすすめというわけです。糖質制限ダイエットの場合は食物繊維など野菜をしっかり食べることが推奨ですから、きちんと食べることができます。

正しい知識をもって制限していきましょう

いずれにせよ、まずはきちんと制限することの意味、どういったものを食べていいか悪いかを判断出来るようにしなければなりません。自分の単なる思い込みだけで続けていくと、のちのち体に悪影響を及ぼすことがあります。炭水化物や糖質、そういった言葉だけに振り回されないこと。正しい知識で糖質制限ダイエットを行うようにしましょう。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2020 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.