1. HOME
  2. 糖質のイロハ乳製品は食べても大丈夫?低糖質な乳製品と選び方のポイント

乳製品は食べても大丈夫?低糖質な乳製品と選び方のポイント

いろいろなチーズが並ぶ画像

糖質制限中に食べちゃダメなもの?「乳製品」は○か×か!

ダイエット中に我慢はつきもの、とひたすら我慢のイメージを抱いている方。確かにダイエットは何かしら制限しなければならない、ということは多いでしょう。しかしあれこれ我慢すればいいというわけではなく、上手に行えばストレスを減らしながらダイエットすることができます。

例えば糖質制限ダイエットの場合は「糖分」を抑えた食事法にすることが条件です。しかしその糖分さえ控えていれば、あとは基本的にお腹を満足させるまでご飯を食べることができますし、ちょっとした工夫を加えるだけで意外と食べられるものの種類は豊富です。しかし栄養学などの知識が豊富ではない一般人にとって「食べられるか食べられないか」それを判断しづらい食品もなかにはあります。

例えば「乳製品」はどうでしょうか。脂肪のイメージもありますが、甘みもあって糖分も含まれている?と迷ってしまいませんか?せっかく糖質制限をしているのに、間違った知識で糖分を摂りすぎてしまっては意味がありません。普段よく食べる乳製品についてはどうなのか、少し詳しく解説していきましょう。

乳製品は「条件付き」で糖質制限中もOKです!

基本的にチーズやバターなどを、あれこれ砂糖を加えず加工したものでなければ糖について気にする必要はありません。糖質制限中でも料理に使うことができますので、料理のバリエーションも豊かになります。と、これだけを伝えてしまうと乳製品はなんでもOKと捉えられてしまいかねないのですが、やはり注意は必要です。

なぜなら、牛乳を飲んだらおわかりのように「甘み」を感じるものはやはり糖質が含まれています。加工された牛乳は特に糖分が加えられているので、調子に乗って飲み続けると牛乳だけで糖質のとりすぎになってしまうこともあります。つまり乳製品を摂る際はその乳製品にどれぐらい糖質が含まれているのか、を事前にチェックしておく必要があります。

参考までに、ですが糖質が少ない乳製品をご紹介します。まず先ほども挙げていましたが、チーズは乳製品の中でもおすすめです。トロッとした食感が美味しいカマンベールチーズは、糖質も低くチーズのなかでもかなり糖質制限向きです。市販のプロセスチーズも比較的糖質が抑えられているので、料理に使うと旨味がアップします。もちろん食べすぎはいけませんので、あくまでも常識の範囲内で食べることを忘れないようにしましょう。

他にも、生クリームもOKです。意外かもしれませんが、ホイップなどにせず、お料理に加えるのであれば全く問題ありません。牛乳もフルーツが入ったり加工したものは糖質が高めなので避けるべきですが、普通の牛乳であれば飲み過ぎない限りほぼ問題はないと言っていいでしょう。

ヨーグルトは腸内環境の改善にも役立つのでおすすめ。食べる際は無糖のものがベストですが、食べにくい場合は低糖質タイプのシロップを加えるなど工夫すれば食べやすくなりますのでおすすめです。

食べていいもの、食べてはいけないものを見極める!

ここまでの話でもお分かりの通り、意外と乳製品は食べても大丈夫なものが多いです。お料理などにも工夫しやすいので、糖質制限中は乳製品も上手に取り入れながらおかずを作るのがおすすめです。ただ先ほども述べたように、食べていいものとだめなものをしっかり知っておく必要があります。

糖質が高いものはやはり避けるべきですし、かりに糖質が低めであっても食べ過ぎないように注意はしなければなりません。糖質制限ダイエットにおいて大切なことは、自分自身がしっかりと見極められるよう知識をつけること。これはダイエットだけでなく健康のためにも役立ちますので、覚えておいて損はないでしょう。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2018 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.