1. HOME
  2. 糖質のイロハ糖質制限の補助に!低GI食品を利用して無理せずダイエット

糖質制限の補助に!低GI食品を利用して無理せずダイエット

人指し指を立ててひらめく女性

糖質制限中にも使える「低GI食品」とは一体なに?

糖質制限中に控えなければならないのは糖分です。お米やパン、パスタやラーメンなどの炭水化物は糖分を含んでおり、糖質制限ダイエットを行う上ではできるだけ摂取を控えなければならない食品の代表的なものでもあります。一方で、この糖質制限ダイエットが流行る少し前に、似たようなダイエット法が話題になったことがあるのをご存知でしょうか。それは「低GIダイエット」と呼ばれるものです。

GIと言われてもなんのことか分からない、という方のために簡単に説明すると、GI値と呼ばれるのは「グリセミック指数」と呼ばれるもののことです。これは、糖が吸収されるスピードを表すもののことで、このGI値が低いものほど糖質をゆっくり体に吸収させる食品ということです。

つまり、急激な血糖値の上昇を抑えることによって脂肪に変化するのを防ぎ、太りにくくさせるという今の糖質制限ダイエットに少し似た方法のことです。違いと言えば糖質制限は糖質をできるだけ控えること、低GIダイエットはGI値が低い食品を選んで食べること、糖質に対して取り組むのは同じですがアプローチ法が違うということです。

低GI食品を上手にダイエットに活かす方法とは?

この低GI食品を糖質制限ダイエットに組み込むことで、よりダイエットを行いやすくするということは可能です。ですが注意しなければならないのは「低GI値の食品=糖質が少ない食品ではない」ということです。先ほどもご説明したように、あくまでも低GI食品は糖質を体に吸収させるスピードが緩やかなものであり、決してそれが糖質の低い食品であるとは限らないのです。

ですからふたつのダイエットは似ているようで、根本的には違う考え方のものであるということは理解しておきましょう。しかしこの低GI食品は糖質制限ダイエットに活かすことは可能です。糖質制限は基本的に一切糖質をカットさせるものではなく、最低限に控えて食べることが目的です。

例えばご飯や麺類などを少し食べたい、と思った時はただ何も考えずそのまま食べるのではなく、主食のなかでも低GI値の食品を選ぶことによって血糖値の急上昇を防ぐことができます。つまり、糖を脂肪に変えにくくする手助けとなってくれるというわけです。他にも甘いものが食べたくなったとき、できるだけ低GI値の食品を選ぶことで脂肪になるのを抑えてくれる効果もあります。

気持ちのおもむくままに食べるのではなく、低GIの食品を利用することで無理なく効率よくダイエットを行うことができるというわけです。糖質を制限している間でも、こういった一工夫を加えるだけでダイエットのモチベーションを下げずに続けることができるので、取り入れられるものはどんどん取り入れるようにしていきましょう。

糖質とうまく付き合って、体質を改善していこう

人間が健康に生きていくために、糖質はある程度必要になります。糖質制限ダイエットだから今後糖質は一切とらない、そのような生活を続ければ必ず健康は損なわれていきます。大切なのは正しいバランスを保つこと。現在肥満などの問題を抱えている場合は、元の正常な状態に整えていくために糖質制限を行うのです。

体質が改善されれば痩せられるだけでなく、他にも様々な面で効果を実感できるでしょう。それは人によって様々ですが、お肌の調子が良くなったり風邪をひきにくくなったりなど、プラスに感じられる部分も非常に多いです。糖質を抑えただけで疲れの感じ方も変わってきた、という声もよくあがります。そんな糖質制限ダイエットを効率よく行うためにも役立ってくれる低GI食品。是非上手に活用して、ダイエットや健康に役立ててください。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2020 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.