1. HOME
  2. 糖質のイロハ糖質制限中にヨーグルトは食べてOK?実はオススメな理由とは

糖質制限中にヨーグルトは食べてOK?実はオススメな理由とは

ドライフルーツの乗ったヨーグルト

糖質制限中でも大丈夫!「ヨーグルト」はおすすめです

糖質制限ダイエットを行うと、あれこれ食べてはいけないものも多く「この食べ物の糖分は大丈夫かな」と気になることも多いでしょう。糖質制限中に食べることが推奨される野菜も、ジャガイモやサツマイモなどは糖分を多く含んでいるため、食べ過ぎてしまうと糖分の摂りすぎになってしまう可能性があります。

基本的には糖質制限ダイエットは食べる量を減らすなどはしなくてもいいですし、糖質さえ制限していればお腹が満足するまで食べてもいいとされています。しかしまだ糖質制限を始めたばかりであまり食品に関する知識などがない場合、必要以上に糖分を恐れて食べる量が極端に減ってしまうという方も少なくないようです。食べる量が減れば痩せられる、と思うかもしれませんが必ずしもそうとは限りません。

なぜなら食べる量が減ると、それだけ便の量も減ってしまうということ。つまり便秘に悩まされる可能性があるのです。糖質制限の際に便秘で悩まされる方は意外に多く、その場合は水分補給や野菜などを積極的に食べることがおすすめされます。

もちろんそれらを心がけるのもいいですが、是非おすすめしたい食品があります。それは「ヨーグルト」です。ご存知の通りヨーグルトは便秘解消に有効な食品としても知られていて、毎日食べることでお腹の調子を整えると言われています。糖質制限中の便秘になりがちなお腹にも効いてくれるので、非常におすすめです。

気になるのはヨーグルトの糖質!食べても大丈夫なのか

しかしヨーグルトには「乳糖」が含まれており、糖質制限には不向きなのではないか?と心配される方も多いようです。確かに砂糖や果汁などが配合されたヨーグルトではなく、無糖のヨーグルトであっても「糖分」自体は多少含まれています。そのため、いくら便秘解消や腸内環境改善のためといえど、糖質制限ダイエットを行っている最中は食べる量には気をつけなければなりません。

例えば毎朝100グラム食べるようにする、この程度なら全く問題ないと言っていいでしょう。食べ過ぎず、この目安量を守ることでヨーグルトの効果を最大限活かすことができます。糖質制限中は糖分について敏感になりますが、ヨーグルトに含まれている糖分はそれほど多いというわけではありません。食べ過ぎなければ特に問題はありませんので、過剰に気にしすぎることなく毎日の習慣にするのをおすすめします。

ヨーグルトでも様々なタイプのものがあります

ヨーグルトも最近は様々なものが販売されており、おすすめなのは生きた乳酸菌をお腹に届けられるものです。乳酸菌はそれほど強い菌ではありませんが、お腹の中にいる悪玉菌を減らすための働きは胃酸などで失われるものではありません。しかしせっかくならば、できるだけ生きた状態で届けられる乳酸菌が配合されたヨーグルトを選ぶのをおすすめします。

よりよい乳酸菌が配合されたヨーグルトはそれだけ効果も高く、腸内環境の改善に大きく貢献してくれます。とりあえずヨーグルトとついていればなんでもいい、ではなく、ちょっとこだわって選んでみるとより高い効果を実感できるでしょう。

お腹の調子がよくなればダイエット効率もアップ

ヨーグルトで腸内環境を整えられることについてお話しましたが、お腹の調子がよくなればそれだけダイエットの成果も出やすくなります。便秘はお腹の中に老廃物を溜め込んでしまうことですから、ダイエットにおいてはできるだけ避けたいものです。

健康のためにも、常にお腹の中はよい状態にしておくことを心がけましょう。糖質制限中にも適量のヨーグルトを毎日食べること。腸内環境を整えるためにも是非習慣にしてください。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2018 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.