1. HOME
  2. 糖質のイロハ主食が食べたくなったらコレ!糖質制限中の代用品になる主食もどき

主食が食べたくなったらコレ!糖質制限中の代用品になる主食もどき

空っぽの白い茶碗と箸

糖質制限をしっかりしてダイエット成功させたいけど、もう主食が食べたくて限界を感じている、という人も諦めないでください。ここでは糖質制限中でも食べることのできる、主食もどきを紹介していきます。ここで紹介するものを食べて、辛い時期を乗り切りましょう。

ご飯の代わりには豆腐を食べよう

糖質制限中に一番つらいのが、おそらく白いご飯が食べられないことでしょう。そこで、白いご飯の代わりに白いお豆腐を食べてみませんか。何だかギャグのように聞こえるかもしれませんが、味付けがなく柔らかい豆腐は実際に食べてみるとご飯の代わりになります。

何も味がついていないので、お魚やお肉と一緒に食べても美味しいですし、イカの塩辛なんかを乗せてみれば、もう立派な白米です。豆腐というとどうしても醤油などをかけたくなりますが、あくまでもご飯の代わりなので、おかずと一緒に食べることを心がけましょう。

ちなみに、豆腐には上質なたんぱく質が大量に含まれているので、糖質制限中の貴重な栄養源にもなってくれます。豆腐の種類に制限はないので、絹ごしでも木綿でも、自分の好みのものを選んでみてください。

麺の代わりに白滝

お鍋なんかを食べる時によく入っている白滝。あれは麺類の代わりになります。見た目も麺類にそっくりですし、味はスープに左右されるので麺代わりとして活用できるでしょう。味噌などのしっかり味がつくものでスープを作ってあげれば、白滝感がかなり消えて、目をつぶって食べるとまるで本当に麺類を食べているみたいな感覚になります。

もちろん、糸こんにゃくでも代用できるので、この辺りはお好みで工夫してみてください。こんにゃくや白滝には食物繊維が豊富で、これは炭水化物ではあるのですが、体内に吸収されることはないので大丈夫です。

パンはブランにする

パンの代わりはなかなか難しいので、いっそ糖質が低いパンを食べてみてください。特にブランなどの抵糖質が売りのパンであれば、糖質の量も少ないので、糖質制限中でも食べることが出来ます。他にも、小麦粉では無くおからの粉を使用したものも販売されており、これも糖質が非常に低いのです。最近はコンビニでも購入することが出来るので、パッケージの栄養成分表とにらめっこしながら選んでみましょう。

大豆もご飯っぽい?

ご飯の代わりに大豆を食べるという手もあります。これはお豆腐と原料が一緒なので、栄養価については文句なしです。しかも、大豆は粒状になっているので、お茶碗に盛ると何となくご飯っぽい印象を受けます。これをお豆腐のようにおかずと一緒に食べてみると、意外と淡白な大豆と味のついたおかずがピッタリなのが分かるでしょう。

こちらもお豆腐同様に味付けしてしまうとご飯の感じが失せてしまうので、あくまでもおかずありきで食べてみてください。大豆は歯ごたえもあって食事中の咀嚼回数も増えるので、満腹感を演出して食べる絶対量を減らすこともできます。

こんにゃく米でご飯を食べる

もうどうしてもご飯が食べたくて代用品では我慢できないとなったら、こんにゃく米を使ってみましょう。これはご飯とこんにゃく米を半々で炊飯器に入れて炊くだけで完成する、とてもお手軽なご飯もどきです。しかし、もどきと言っても半分はご飯で出来ていますので、ご飯と呼んでも差し支えはないでしょう。

味もかなりご飯に近くなっており、言われなければこんにゃくが半分混ざっているなんてこと分かりません。糖質0というわけにはいきませんが、糖質制限は絶対に糖質を0で抑えなければいけないということもなく、多少であれば大丈夫です。ただ、毎日こんにゃく米を食べてしまうと、それなりの糖質になってしまうので、どうしても我慢できなくなった日だけに留めておいてください。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2018 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.