1. HOME
  2. 糖質のイロハBBQ(バーベキュー)は糖質制限中にもオススメ!ポイントと理由は?

BBQ(バーベキュー)は糖質制限中にもオススメ!ポイントと理由は?

バーベキューの風景

友達や家族などで楽しく食事をすることのできるバーベキューが糖質制限にぴったりというのは御存知でしょうか。これにはいくつかの理由があり、糖質制限中にする時のポイントも存在するので、詳しく解説していきます。

バーベキューは糖質制限向き?

結論から言ってしまえば、バーベキューはとても糖質制限向けと言えます。何故ならバーベキューの具材には糖質の低いものが非常に多いんです。例えば肉類なんかは低糖質ダイエット中の栄養として有名ですし、魚介類や玉ねぎ、ナスなんかも基本的に糖質は低めになっています。とうもろこしやカボチャ等、糖質が多い具材もいくつか紛れてはいますが、全体的に見れば数は少なく、糖質制限向けと言えるでしょう。

バーベキューなら食べるものが選べる

バーベキューは決められたものを全員に均等に分ける食事とは違って、自分で好きなものを好きなだけ食べることのできる貴重な食事形式です。これなら、先ほど話したとうもろこし等は避けるようにして、肉類や魚介類など、糖質が低めのものを自分で選ぶことで出来ます。

それにバーベキュー中は何だか無礼講的な雰囲気ですので、一定のものしか食べないというのも問題ない、というか誰も気にしていないでしょう。飲み物についても自分で好きなものを持っていくことが出来るので、我慢できる人は水、どうしてもお酒が飲みたいという人は糖質カットのビールなどを持参して飲むようにすれば、無駄な糖質を取り入れなくて済みます。

ただし、自分が糖質の低い食材を把握していなければ、全く意味がなくなってしまうので、バーベキューをする前にはメモなどを作っておくといいでしょう。

バーベキューは野菜から食べよう

バーベキューはお肉がメインな上に、糖質も低いので初めから食べてしまいたくなりますが、そこはグッと我慢して、まずは野菜から食べるようにしてください。野菜には大量の食物繊維が含まれているので、先に食べておけば血糖値が急上昇するのを抑えてくれますし、食物繊維が胃の中で膨らむので食べる量もコントロールしやすくなります。

逆にとうもろこしやカボチャといった糖質が多いものを先に食べてしまうと血糖値が急上昇してしまい、肥満の原因になってしまうのです。これではせっかく低糖質のバーベキューも台無しになってしまいます。

ちなみに、お肉を食べる際にもそれ単体では食べずに、野菜などに巻いて食べるといいでしょう。そうすることでボリューム感が増しますし、必然的に野菜の成分を取り入れることが出来ます。しかも、野菜によっては何回も噛まなければいけないので、自然と咀嚼回数が増えて消化が良くなり満腹感もアップするでしょう。これは簡単に出来るので、是非試してみてください。

調味料にも注意

バーベキューのお肉には、焼き肉のたれをかけて食べたい気持ちも分かりますが、ここも我慢してください。焼き肉のたれを舐めてみると分かるように、あれはかなり甘めの味つけがされており、糖質も多く含んでいます。せっかくお肉や野菜が低糖質であっても、たれをべったりとつけてしまえば、糖質を大量に摂取したのと同じ状態になり、糖質制限失敗に繋がるのです。

とは言っても、味付けなしでは寂しいので醤油や塩など、糖質を含んでいない調味料を使用するといいでしょう。ポン酢なんかは酢のダイエット効果も得ることが出来るので、かなりオススメの調味料と言えます。

このような理由からバーベキューは糖質制限中にぴったりの食事なので、ダイエット中だからと断るようなことはせず、自分なりの準備をして楽しんでみましょう。初めからそれなりに糖質を取ると分かっていれば、糖質をカットしてくれるサプリを飲んでおくという手もあります。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2018 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.