1. HOME
  2. 糖質のイロハ和菓子は糖質が多い?お菓子の糖質の量と食べたいときのポイント

和菓子は糖質が多い?お菓子の糖質の量と食べたいときのポイント

小さな桜餅が3つ並んでいる

糖質制限中にお菓子が食べたくなったら?

糖質制限と聞けば誰でもどういう方法を行うのかイメージできるでしょう、その名の通り糖質を制限することがこの方法のすべてです。糖質と聞いて思い浮かぶのは「甘いもの」ですが、確かにケーキやドーナツ、クッキーなどといったお菓子は砂糖が含まれているので糖質制限中にはもちろん控えなければならないものです。

他にも砂糖が含まれているわけではありませんが、サツマイモやカボチャなどにも実は「糖質」が含まれているため、制限中にはできるだけ避けるよう言われています。つまり、砂糖を含んでいるものだけが糖質と呼ばれるわけではなく、その食材自体に含まれる糖質のことを指しているのです。

小麦粉は糖質が高いものの代表のひとつですが、パンやパスタにラーメン、これらはすべて小麦粉からできているため糖質制限中には真っ先にカットされます。日本人の主食でもあるお米ももちろん糖質を含んでいますので、糖質制限中はご飯類をかなり少なくする必要があります。全く食べてはいけないというわけではありませんが、いつも食べている量の半分以下にするなど、自分なりの工夫が必要となります。

このように、普段何気なく食べている食材に糖質が意外と多く含まれているため、糖質制限を行うと「食べられない」というものがたくさんでてきます。普段おやつを食べる習慣のある方が糖質制限によって食べられない、となったらどうでしょうか?かなりのストレスに感じるでしょうし、我慢することで挫折しやすくなります。糖質制限中はお菓子とどう向き合っていけばいいのか、食べれるとすればどんなものならいいのか、ポイントを抑えてうまく実行していきましょう。

和菓子はヘルシー?実は糖質たっぷり!

以前は和菓子=ヘルシーなお菓子、というイメージが強かったようです。生クリームなどをたっぷりと使った洋菓子に比べると、確かに見た目はあまりカロリーもなさそうに見えるため食べても大丈夫そうに思えます。しかしこれは糖質という面で考えると非常に大きな間違い。実は和菓子にはお砂糖がたっぷり含まれているものも多く、100グラム換算にすると相当の量の糖質が含まれていることがわかります。

もちろん和菓子一つ一つはそれほど大きなものはありませんが、何個も食べればそれだけ糖質もアップします。ヘルシーで糖質も少なそうというのはあくまでも思い込みでしかありません。基本的にはお菓子に分類されるものはどれも糖質が多く含まれている、という理解でほぼ間違いありません。できるだけ糖質制限中は控えるべきものですが、どうしても食べたいという時もあるでしょう。

そんな時は「糖質カット」のお菓子を選ぶことをおすすめします。最近は糖質ゼロのゼリーなど、様々な商品が販売されています。そういったものを選ぶことで甘いものを食べたいという欲求も満たされますし、ストレスもたまりにくくなります。普段のお菓子がどうしても食べたいとなった時は一口だけにする、食べる前に糖質をカットするサプリメントを飲むなど自分で工夫して食べることが大切です。

甘いものを時には食べることも大切

糖質制限は基本的に長期間行うものではありませんが、これをきっかけに糖質を意識した生活に切り替えていくことが目的でもあります。ですから、ずっとお菓子を食べない生活を送るのではなく、一週間に一度など自分でルールを作って甘いものを食べる日を設けることもおすすめです。何事も我慢しすぎず、ほどほどにすることがダイエットを成功させる鍵であり人生を楽しむ方法です。

しかし世の中は思った以上に糖質に溢れていることは事実です。つい自分を甘やかし過ぎて甘いものを食べ過ぎてしまった、とならないようにご注意ください。

「食べたい」を我慢しない口コミ人気No1サプリは桑粒習慣プレミア

© 2018 糖質制限ダイエットガイド All Rights Reserved.